免許証、マイナンバーカードなどのサイズについて

cardinsatsu

個人を特定する時に使われる免許証、パスポート、健康保険証、マイナンバーカードなどを提示することが多々あると思います。

多くの人が使っている「免許証」と「マイナンバーカード」などのカードサイズについて色々と調べてみましょう!

 

「免許証」

運転免許証については、色々な歴史があり、昭和の中頃時代には見開きの紺色のものだったそうです。

運転免許証のサイズ遍歴

以前の運転免許証サイズは、現在のものより大きく、「97×69mm」だったようです。
1994年(平成6年)5月10日施行の道路交通法改正により、現在のサイズになりました。

また、運転免許証のICカード化(2007~2010年)に伴い、厚さが従来の0.5mmから0.26mm厚くなり、現在の0.76mmとなりました。

※クレジットカードと同じサイズ(JIS規格/ISO/IEC 7810)になっているのです。

(出典:size.comより)

以前のちょっと大き目の免許証には本籍地が印刷されていました。現在のICカードでは空欄になっています。

厚みが0,76mmとなったことで少しお財布に入れるのに厚みを感じます。

 

マイナンバーカード

2022年12月11日時点、マイナンバーカード申請枚数は7,844万5,132枚、交付枚数は6,925万8,834枚。 人口に対する交付枚数は55%にまで増えているようです。

※2023年1月6日松本総務大臣の発表によると1月4日付けで「申請件数がおよそ8300万件」に達したようです。

 

サイズを知らべてみると

ほぼ免許証と同じサイズのようでした。

※実際に免許証とマイナンバーカードを重ねてみるとほぼほぼ同じサイズであることがわかります。

 

その他のカード

財布の中に入っていた健康保険証もサイズを比べてみると同じでした。

他にも「クレジットカード」と比べてみましたが同じサイズでした。

交通系ICカードも重ねてみてほぼ同じサイズでしたが、右下にキリカケが入っています。

最近使っていないtaspoカードについてもほぼ同じサイズでした。

ただ、厚みがちょっと弱いというか?フニャとした感じです。TypeAのmifareカードなので、あまりこしが無いのでしょうか?

磁気式定期券

Suicaなどの交通系ICカードでも定期券になるので、かなり数が減っている自動改札機に投入する「磁気式定期券」サイズは少しだけ違うようです。

このサイズは、日本鉄道サイバネティクス協議会で策定された標準化規格(通称「サイバネ規格」)にて定められたサイズであり、ICカード定期券と比べると少し大きめなようです。

 

まとめ

色々なカードサイズを比べてみると、だいたい同じサイズになっていることがわかります。

ただ、プラスチックカードの厚みが0.76mmというのはお財布にかさばってしまい優しいとは思えません。

従来の磁気式定期券0.25mmの厚みなら違和感無いのでは?

と思えてしまうのは、管理人だけの感想でしょうか?

ABOUT ME
カード印刷工場のブログ
カード印刷工場のブログ
カードに関するあれこれを・・・
カード印刷工場ホームページでは伝えきれないよもや話をブログを通じて発信しています。

記事URLをコピーしました